クリーネストライン

トレイルランニング

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
ターカインへの入り口近くを走る、オリエンテーリングのプロであり原生地擁護者であるハニー・オールストン。
Photo:Mikey Schaefer

そこへの道:私たちが道を作り出し、 探し求める理由

By ミーガン・ブラウン   |   2018/06/27 2018年6月27日

ヘッドライトのビームとともにスタート。日の出までにまだ1時間以上あり、土砂降りの雨が降っている。ジャケットの袖に手をたくし込み、葉先の尖ったタスマニアのボタングラスのあいだを、体が冷えないように速いペースで進む。脅威にさらされた場所、行く末のわからないこのターカ… さらに読む

タカイナ/ターカインの初回ウルトラマラソンを走るクリッシー・モールとグラント・ガイス。Photo: Jarrah Lynch

それを愛するなら、そのために走って

By クリッシー・モール   |   2019/10/30 2019年10月30日

クリッシー・モールによるタカイナ/ターカインの初回ウルトラマラソンからのレポート 「足跡がないね」とパタゴニアのアンバサダー仲間でニュージーランド出身のグラント・ガイスが、私が考えていたことを口にした。私たちのヘッドランプと携帯電話の光はレベッカ・ロードからの繁ったダブルトラックを薄暗… さらに読む

標高の高い地形をお父さんと一緒に駆け抜けるブレイズ。 Photo: Steven Gnam

ホームラン

By ミーガン・ブラウン   |   2019/01/09 2019年1月9日

家族がともにするのは信仰、キャンプ、贅沢な休暇、オペラなどさまざま。そしてランニングに出かける家族もいます。 北緯40度以南の不安定な暖冬により、またしても異様に暖かい2月のある朝、ブラフォード家はランニングに出かけました。シュライン通りを走って町を抜け、地元の給水源のあるボルダー・ガル… さらに読む

昔ながらの伝言板にハッシュタグを記すブリとキース・マディア。Photo: Johnie Gall

メッセンジャーたち:ベアーズ・イヤーズとグランド・ステアケース・エスカランテを走る250マイルリレー

By ジョニー・ゴール&アンディ・コクラン   |   2018/04/30 2018年4月30日

トラックのテールゲートに腰かけ、ヘッドランプの光で吐く息が白く渦巻くのを見ていると、遠くで靴が土を踏む音が聞こえた。こちらに向かうランナーはまだ1.6キロも先だが、午前2時の静まり返った砂漠で聞こえないものなどない。暗闇では音が遠くまで響くのだ。 私たちがいる場所は、国定記念物であるベア… さらに読む

レース最高地点から景色良いトレイルを走る。
Photo: Gleen Tachiyama

旅の理由:3年目のオーカス島

By 西城 克俊   |   2018/05/18 2018年5月18日

オーカス島(Orcas Island)。アメリカ、シアトルから200キロ離れた港から船で1時間ほどのところにある島。毎年2月、私は旅に出る。島を走る100マイルレース、Orcas Island 100に出場するためだ。 なぜ毎年同じ島に行くのか?様々な国に行き、いろいろなトレイルに出会い、走りたい、そういう欲求がないわ… さらに読む

アラスカ州北極圏国立野生生物保護区ブルックス・レンジの丘陵。Photo:Austin Siadak

北極圏国立野生生物保護区を旅して

By クレア ・ ギャラガー   |   2020/05/11 2020年5月11日

2019年の夏、私たちクレア・ギャラガー、トミー・コールドウェル、ルーク・ネルソンは、アメリカの偉大な国家的宝である北極圏国立野生生物保護区で、汗をかき、笑い、そして泣いた。アラスカ北東部の海岸平野が、グウィッチン民族の文化的・精神的生活とどれほど不可分な関係にあるかを彼らから学び、今日… さらに読む

ウインタ・トラバースでの13時間目、走ることのできる地形への感謝の気持ちを経験するルーク・ネルソン。ユタ州 写真:Jared Campbell

感謝についてのレッスン

By ルーク・ネルソン   |   2017/10/16 2017年10月16日

それがはじまったのは5月のある暑い午後、ベアーズ・イヤーズ国定記念物の奥深くでだった。2日間ハードに走った僕ら4人組は、困難な行程からの疲労がたまっていた。仲間の1人は苦心していた。トレーニングの欠如か、あるいはユタ州南部の野生地で、2日連続で12時間走るためのエネルギー補給が足りなかっ… さらに読む

フレンチ・アルプスの未知の美に突入するモーガン・ショーグレンとジェン・シェルトン。 Photo: Andrew Burr

災難訓練計画

By モーガン・ショーグレン   |   2017/09/19 2017年9月19日

「1日20か30か50マイル、山を超えて走るだけよ。たいしたことじゃないわ」 ジェン・シェルトンからツール・ド・モンブランを走る旅程を受け取ったとき、中距離の陸上ランナー(5Kを専門)の自分の経歴が、(フランス、イタリア、スイスの)3か国をつなぐアルプスのテクニカルな地形で9,144メートルの標高… さらに読む

午前5:30、レースがスタート。ゴール制限時間は翌午前3:30 写真:パタゴニア日本支社

ペーサーシップの極意 – 『信越五岳トレイルランニングレース2011』を振りかえる

2011/11/07 2011年11月7日

午前5:30、レースがスタート。ゴール制限時間は翌午前3:30 写真:パタゴニア日本支社 新潟県と長野県の県境に連なる信越五岳。その美しい山並みを結ぶ全長110キロのトレイルを舞台に、今年で3回目を迎える『信越五岳トレイルランニングレース2011』が9月24日~25日に開催されました。パタゴニアのトレイ… さらに読む

5 日間で 225 キロ メートルを走る旅には、類い稀な 地形がたっぷり含まれている。 ショショーニ・ガイザー・ベースン を駆け抜けるケイティ・ミラー、 ボー・フレッドランド、ウォーカー・ファーガソン、ジャスティン・ アングル。ワイオミング州イエローストーン国立公園 Photo: Fredrik Marmsater

走りゆく公園

By ケイティ・ミラー   |   2017/04/19 2017年4月19日

起きぬけのボーッとした状態で寝袋に入ったまま、 足元のジッパーだけを開けてキャンプのキッチンに ヨロヨロと歩み寄り、仲間と朝の挨拶を交わした。 肌寒かったけれど、荷物を軽くするためにウェアは 最小限しか持ってきていなかった。 私は寝袋から手を出して、温かいコーヒーを握った。すると東の霞のな… さらに読む

ヴァレ・エルモソのたくさんの冷たい徒渉の一つ目。Photo: James Q Martin

マイル・フォー・マイル、パート2:ランニング

By ジェフ・ブラウニング   |   2015/04/16 2015年4月16日

マイル・フォー・マイル:パタゴニアでのトレイルランニングと環境保護についてのフィルム。Video: Rios Libresとパタゴニア提供 2日間の106マイルのストーリーを簡潔に語るにはどうすればよいのだろう? それはほぼ不可能だ。生態系を修復したり国立公園を建設するのと同じように、本当にたくさんのステ… さらに読む

読み込み中
エラー