クリーネストライン

デザイン

読み込み中
エラー
昼休みは長くなりそう。パタゴニア本社での仕事とサーフィンのバランスを崩しそうなほど絶好のスウェル。カリフォルニア州ベンチュラ Kyle Sparks

テスト環境の充実性

By マルコム・ジョンソン   |   2020/03/19 2020年3月19日

たった数分のところに波があるという環境以上に重要な要素はない ハブ・ハバードのデスクからウェットスーツの試験場までは、ほんの数分。左に曲がり、国道101号線に合流したらすぐ右に出て、車を脇に停める。そこから数秒でウェットスーツに着替え、波の貯蔵庫にパドルアウトしていく。総体積約7億立方キ… さらに読む

パタゴニア・ブックス発行の『Unexpected:30 Years of Patagonia Catalog Photography』が名誉あるバンフ賞を受賞

パタゴニア・ブックス発行の『Unexpected:30 Years of Patagonia Catalog Photography』が名誉あるバンフ賞を受賞

By パタゴニア    |   2011/12/01 2011年12月1日

「バンフ・マウンテン・フィルム/ブック・フェスティバル」が『Unexpected: 30 Years of Patagonia Catalog Photography』に2011年度のマウンテン・イメージ部門のベスト・ブックを授与したことを皆様にご報告できることを誇りに思います。 パタゴニアのカタログは事業としては稀で、その掲載内容の半分を… さらに読む

カスケード山脈北部のPCTの高地を歩く。Photo: Old School

PCT(パシフィック・クレスト・トレイル)からMVTR(水蒸気透過率)へ:防水性バリヤーと透湿性の物語

2012/07/30 2012年7月30日

日本語版のクリーネストラインがスタートしたのは2010年10月のことですが、パタゴニア本社ではそのずいぶん前、2007年2月からクリーネストラインをスタートさせていました。この3年半のあいだの本社の投稿には興味深いものがたくさんあります。今日はそのなかから夏山シーズン真っ盛りの日本にぴ… さらに読む

「コモンスレッズ・イニシアティブ」のご紹介:リデュース(削減)、リペア(修理)、リユース(再利用)、リサイクル(再生)、リイマジン(再考)

「コモンスレッズ・イニシアティブ」のご紹介:リデュース(削減)、リペア(修理)、リユース(再利用)、リサイクル(再生)、リイマジン(再考)

By パタゴニア    |   2011/11/17 2011年11月17日

まずは無駄に購入しない、そして修理する、そのあと再利用する。製品のリサイクルはこれらの選択肢がなくなってはじめてなされるべきです。ですからパタゴニアがはじめた「コモンスレッズ・イニシアティブ」には、とても感心しています。必要ないものは買わない(リデュース)、まだ使えるものは修理する(… さらに読む

雪のスウェルでサーフィンをするアレックス・ヨーダー。北海道
Photo: GARRETT GROVE

リサイクルに夢中

By パタゴニア    |   2018/11/27 2018年11月27日

パタゴニアはスノー業界にリサイクル素材への移行という挑戦を投げかける以前に、私たち自身の考え方を変えなければなりませんでした。 衣料品が及ぼす影響を減らす方法はたくさんありますが、それをリサイクル素材で作ることほど重要なことはありません。そうすることで素材が埋立地行きとなることを防ぎ、… さらに読む

Better Than New (新品よりもずっといい):「ファッション・ウィーク」中の『ニューヨーク・タイムズ』紙

Better Than New (新品よりもずっといい):「ファッション・ウィーク」中の『ニューヨーク・タイムズ』紙

By パタゴニア    |   2013/09/12 2013年9月12日

Better Than New (新品よりもずっといい) 1994年製のパタゴニアのサーフ・トランクス 9月10日の『ニューヨーク・タイムズ』紙に掲載した広告より 今週はデザイン界が新作に注目する「ファッション・ウィーク」。そこで私たちは新品よりも良いものに目を向けてみようと思います。つまり長持ちするものにつ… さらに読む

ブレオの漁網回収/リサイクル・プログラムの「ネット・ポジティバ」を通じてブレオのスケートボードひとつひとつに変身した漁網の量を示すブレオの共同創始者ベン・ネッパーズ(左)とケビン・エーハーン(右)チリ、サンチアゴ Photo: Kevin Ahearn

異なる道:ブレオ共同創始者のベン・ネッパーズとチリ南部で暮らす

By ブルック・オーテル   |   2016/03/10 2016年3月10日

パタゴニアの「$20 Million & Change」基金は2013年に、志を同じくする革新的なスタートアップ 企業がビジネスを手段として環境危機のための解決策やその他の肯定的な変化をもたらすことを支援するために始動しました。あるいはイヴォンの言葉を借りると、「自然を使い尽くすのではなく、自然と連動する… さらに読む

メンズ&ウィメンズ・レフリップ(写真はメンズ)は、リサイクル素材のフットベッドを使用し、最終的に使用不可能となった際は100%リサイクルが可能。Photo: Patagonia.com

ゴムを見直す:プラスフォーム製フリップフロップ・サンダルのリサイクル革命

By イーサン・スチュワート   |   2013/09/24 2013年9月24日

メンズ&ウィメンズ・レフリップ(写真はメンズ)は、リサイクル素材のフットベッドを使用し、最終的に使用不可能となった際は100%リサイクルが可能。Photo: Patagonia.com アウトドアファンの方なら誰でも、沢に寄り道してひと泳ぎしたり、チューブを追いかけて一日過ごしたりしたあと、愛用のサンダルが突… さらに読む

認めるべき事実:本当に「グリーン」なウェットスーツはまだ存在しない

認めるべき事実:本当に「グリーン」なウェットスーツはまだ存在しない

By パタゴニア    |   2012/02/06 2012年2月6日

なぜパタゴニアはウェットスーツに竹繊維を使用しないのか、についてのこの広告をお読みください。 竹とレーヨンについて 竹がレーヨンになる 竹は地上で最も成長の早い植物で、1日に最高120 センチも伸びます。竹の大半は農薬などを使わない有機栽培で(認証を取得している数はごくわずかですが)、どんな… さらに読む

パタゴニアの創業者が語る:「なぜ持続可能性は存在しないのか」

パタゴニアの創業者が語る:「なぜ持続可能性は存在しないのか」

2012/06/25 2012年6月25日

インタビュー:カイ・リスドール 2012年4月17日(火)Marketplaceにて放送 カイ・リスドール:イヴォン・シュイナードは「偶然の環境保護者」だと呼べるかも知れません。これはあまり親切な表現ではないかもしれませんが、アウトドアウェアの会社であるパタゴニアの創業者の彼自身の言葉を借りているだけで… さらに読む

イヴォン・シュイナード。Photo: Tom Frost / Aurora Photos

ティンシェッド・ベンチャーズ:次世代の責任あるビジネスへの投資

By パタゴニア    |   2017/01/06 2017年1月6日

パタゴニアでは、素晴らしい製品を作り、利益を上げ、惑星を保護するという3つの目的は、相いれないものではないと信じています。そこで2013年、私たちは志を同じくし、同じ使命のもとに働く新興企業を援助する投資基金を発足しました。 今日、私たちはこの基金を「ティンシェッド・ベンチャーズ」(前「$2… さらに読む

読み込み中
エラー