クリーネストライン

カルチャー

読み込み中
エラー
ちょうど大きな峠を越したところで、標高4,572メートルをスケートしながら興奮する僕。写真: アダム・コルトン

ロング・トレックス in 中国:西寧から成都まで、スケートボードでチベットを駆け抜ける

By アダム・コルトン   |   2013/03/21 2013年3月21日

ちょうど大きな峠を越したところで、標高4,572メートルをスケートしながら興奮する僕。写真: アダム・コルトン 僕の名前はアダム・リチャード・コルトン。2012年8月30日、僕はチベット近郊を訪れて、ソロのトレッキングに出発した。僕は中国語もチベット語も話せないが、身振り手振りのコミュニケーション… さらに読む

カナダのマウント・テンプルの北壁を半分登ったところで寒い休憩を取る、パタゴニアのアンバサダー、ディラン・ジョンソン(前面)とジョシュ・ワートン(エンカプシル・ダウン・ビレイ・パーカを着てヘッドランプを付けている)。Photo: Mikey Schaefer

パタゴニアのエンカプシル・ダウン・ビレイ・パーカ:誕生物語

By イーサン・スチュワート   |   2013/03/18 2013年3月18日

カナダのマウント・テンプルの北壁を半分登ったところで寒い休憩を取る、パタゴニアのアンバサダー、ディラン・ジョンソン(前面)とジョシュ・ワートン(エンカプシル・ダウン・ビレイ・パーカを着てヘッドランプを付けている)。Photo: Mikey Schaefer 編集者記:新製品エンカプシル・ダウン・ビレイ・パ… さらに読む

愛について

愛について

By アニー・レオナード   |   2013/03/14 2013年3月14日

私たちが急進的環境保護運動家というレッテルを貼られるずっと前、環境保護主義者とか、環境保護活動家とか、自然保護論者などという呼び名よりも以前は、地球へ情熱を抱く人たちは通常は自然愛好家と呼ばれていました。この名前をふたたび受け入れるのに良い日が今日の他にあるでしょうか。 コモンスレッズ… さらに読む

写真: ソニー・トロッター

バンでの生活 – 路上から学んだ教訓

By ソニー・トロッター   |   2013/03/04 2013年3月4日

写真: ソニー・トロッター 「それは捨てないで。再利用できるから」と彼女が言った。 僕はアマゾン川ほど濁った水が入った小さな鍋を握っていた。 「もう残り少ないから、捨てずにここに入れて」 彼女は正しかった。11月下旬、カリフォルニア州ビショップでの寒い夜。明日もまたボルダリングを最高に楽しむ… さらに読む

タヒチでのキース・マロイ、52ページ。Photo: Chris Burkard

キース・マロイによる新しいボディーサーフィンの本、『 ザ・プライト・オブ・ザ・トルピード・ピープル』からの抜粋

By ジョン・R.K.・クラーク   |   2013/02/07 2013年2月7日

タヒチでのキース・マロイ、52ページ。Photo: Chris Burkard 波待ちしながらラインアップにいると、いつも海鳥の存在に気づく。僕がいちばんよくボディーサーフィンをするオアフ島の南側では、「マヌ・オ・ク(シロアジサシ)」が空中アクロバットを展開し、「イワ(グンカンドリ)」がまるで宙で停止してい… さらに読む

グリーン・リバーの川辺でボートに荷積みする。写真:BAGのiPhone

3つの部屋:ブリッタニー・グリフィスのパッキング初級講座

By ブリッタニー・グリフィス   |   2013/01/21 2013年1月21日

グリーン・リバーの川辺でボートに荷積みする。写真:BAGのiPhone 奇妙に聞こえるかもしれないけれど、私はパッキングが大好き。必需品が限られるとき、たとえば50ポンドのバッグ2個とか――これはバンが運べるもの――40リットルのバックパック1つとか。あるいは機内持ち込みだけに制限されるときとか。「自… さらに読む

イエール大学、森林・環境学部で講義するイヴォン・シュイナード。Photo: Anthony Clark

登山家のように考える

By チャリッサ・ルジャナベック   |   2013/01/15 2013年1月15日

イエール大学、森林・環境学部で講義するイヴォン・シュイナード。Photo: Anthony Clark イヴォン・シュイナードが私のレーダーに映ってきたのは1999年でした。 私はユタ州南部に滞在する中西部出身の若い女性で、その夏、西部の劇的な景色に驚愕していました。それまでミズーリ州の森の向うへ旅したことの… さらに読む

パタゴニアについて

パタゴニアについて

By パタゴニア    |   2013/01/07 2013年1月7日

1968年、パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードと3人の仲間は、おんぼろのフォード・エコノラインにスキー、サーフィン、クライミング用のギアを満載し、ロサンゼルスからはるか遠くのパタゴニアの、細い未舗装の道の終了点を目指して南へと向かいました。そこからベースキャンプまでの残りの道を歩き… さらに読む

風と海に導かれて

風と海に導かれて

By ベリンダ・バグス   |   2012/12/13 2012年12月13日

これまでにしてきたすべての旅を通じて、日本は私にとってはいつも特別な存在です。日本は神秘的な文化からさまざまなインスピレーションを受ける場所。日本人の親切さ、毎日の生活への真摯な姿勢から学べることはたくさんあります。私たちの息子、レイソン・コリンには4分の1は日本人の血が流れている。… さらに読む

マッキンリー山とオーロラ

オーロラの向こうに

By 松本 紀生   |   2012/11/22 2012年11月22日

マッキンリー山とオーロラ 北米大陸最高峰・マッキンリー山。標高6,194メートルの頂とその上空を舞うオーロラが撮りたくて、毎冬を山麓の氷河上で過ごしています。かまくらを作って50日前後のキャンプ生活。ひとりきりで過ごす厳寒期のアラスカを紹介します。 マッキンリー登山の拠点であるタルキートナから… さらに読む

「クローム金属のような光を発した」斜面に残された「黒いシュプール」 キャプチャー:『icon 7』より

die schwarze spur(黒いシュプール)

By 関口 雅樹 (ebis films 代表)   |   2012/11/14 2012年11月14日

「クローム金属のような光を発した」斜面に残された「黒いシュプール」 キャプチャー:『icon 7』より 2001年に最初の作品『icon』を発表して以来、スキーやスノーボードを題材にした映像作品を制作してきた。 映像を学んだ経験はない。かつてはスキーバムと呼ばれる滑る側の立場だったのだが、あるきっか… さらに読む

読み込み中
エラー