クリーネストライン

クライミング

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
ソリを引いて入山 写真:谷口 けい

知床の断崖に懸かるであろう氷瀑を探して

By 谷口けい(パタゴニア・クライミング・アンバサダー)   |   2015/03/24 2015年3月24日

ソリを引いて入山 写真:谷口 けい 昨夏、新谷暁生さんと知床シーカヤック一周の旅をさせていただいたときのこと、その海の旅は羅臼側の相泊からはじまった。台風をやり過ごして知床岬を順調に越え、もの凄い風が吹くと脅されていた緊張のルシャを越えると、宇登呂までは断崖つづきで上陸できる場所はない… さらに読む

2008年にシャモニへ遠征したジョニーとマイカがドリュの西壁で一夜を凍えて過ごしたときの写真。Photo: Jonny Copp

2015年「コップ-ダッシュ・インスパイア賞」受賞者発表

2015/02/23 2015年2月23日

2008年にシャモニへ遠征したジョニーとマイカがドリュの西壁で一夜を凍えて過ごしたときの写真。Photo: Jonny Cop ブラック・ダイアモンド、スポルティバ、マウンテン・ハードウェア、そしてパタゴニア協賛(およびアドベンチャー・フィルム・フェスティバル、アメリカン・アルパイン・クラブ、ジョニー・コ… さらに読む

セロ・サン・ロレンゾの主峰。右の稜線がおおまかにサウス・アフリカン・ルートだ。Photo: Colin Haley

#VidaPatagonia:セロ・サン・ロレンゾのハンガー・ゲーム

By コリン・ヘイリー   |   2015/02/12 2015年2月12日

セロ・サン・ロレンゾの主峰。右の稜線がおおまかにサウス・アフリカン・ルートだ。Photo: Colin Haley 何年もチャルテン山塊だけを登りつづけたあと、僕はついにパタゴニア・アンデス山脈の別の場所に身を置くことにし、長年の友達ロブ・スミスとともに、パタゴニアで第二の標高を誇るセロ・サン・ロレンゾ… さらに読む

ドーン・ウォールの15ピッチ目(5.14c)を登るトミー・コールドウェルの映像を見る

ドーン・ウォールの15ピッチ目(5.14c)を登るトミー・コールドウェルの映像を見る

By パタゴニア    |   2015/01/21 2015年1月21日

2015年1月14日、トミー・コールドウェルとケビン・ジョージソンがヨセミテのエル・キャピタンのドーン・ウォールのフリー初登を成し遂げました。今日はドーン・ウォールの15ピッチ目(5.14c)を登るトミー・コールドウェルの独占映像を皆様にご覧いただきます。これはウォールの撮影班により公開される最初の… さらに読む

7年分の安堵。ドーン・ウォールの頂上で高揚するトミー・コールドウェル。Photo: Chris Burkard

トミー・コールドウェルとケビン・ジョージソンがヨセミテ国立公園のドーン・ウォールをフリー初登

By パタゴニア    |   2015/01/16 2015年1月16日

7年分の安堵。ドーン・ウォールの頂上で高揚するトミー・コールドウェル。Photo: Chris Burkard 私たちはずっと息を飲んで追ってきました。そしていまついに、ヨセミテ渓谷のドーン・ウォールをフリー初登したトミー・コールドウェルとパートナーのケビン・ジョージソンに、パタゴニア全社をあげておめでと… さらに読む

ハッピーな小妖精。Photo: Rebecca Caldwell

フィッツのレイヤリングシステム:寒い季節に子供を温かく快適に保つ方法

By レベッカ・コールドウェル   |   2015/01/15 2015年1月15日

今日はパタゴニアのクライミング・アンバサダー、トミー・コールドウェルの妻でフィッツのお母さん、そして写真家でもあるレベッカ・コールドウェルからの投稿です。レベッカは5年前にクライミングのライフスタイルに出会い、いまでは家よりも世界各地の美しい場所で過ごす方が多い女性。フィッツを連れて… さらに読む

ルート上部の核心の入り口にさしかかるソニー。Photo: Taran Ortlieb

「Family Man(ファミリーマン), 5.14」:初登の物語

By ソニー・トロッター   |   2014/12/11 2014年12月11日

ルート上部の核心の入り口にさしかかるソニー。Photo: Taran Ortlieb 日々起こる色々なことと同じように、すべては5年前に届いたあるeメールからはじまった。それはブリティッシュ・コロンビアのオカナガン・フォールズの友だちからスコーミッシュのクラック狂の仲間数人に宛てた短いメールだった。 「よお… さらに読む

Concerto:下部1p目。写真:谷口けい

山葵四重奏(ワサビカルテット):ルース氷河での38日間と4つの新しい登攀

By 谷口けい(パタゴニア・クライミング・アンバサダー)   |   2014/12/01 2014年12月1日

Concerto:下部1p目。写真:谷口けい この春訪れたデナリ南麓ルース氷河最上流部で、幾度かの偵察行をしつつ、自分たちらしい4つの登攀をすることができた。何よりも贅沢だったのは、多くの人が集うアラスカの地で、この間はまったく人に会わなかったことかもしれない。そのことは、自分とパートナーと自然(… さらに読む

ベースキャンプ開きのプジャ 写真:谷口 けい

ムスタンの未踏峰「マンセイル峰」冒険的登頂記:女子大生4人と過ごした40日間ムスタンの旅

By 谷口 けい(パタゴニア・クライミング・アンバサダー)   |   2014/10/30 2014年10月30日

ベースキャンプ開きのプジャ 写真:谷口 けい 春のアラスカ遠征から帰国した翌々日、東京の街角での偶然の出会いからこの話ははじまった。日本山岳会学生部の女子遠征隊を結成して、ムスタンの未踏峰へ登ろうという計画が持ち上がり、今年ネパール政府が開放した、100座ほどの新しいピーク(未踏峰)のどれ… さらに読む

ナノエア・スペシャルイベント「ブリッタニー・グリフィス&ケイト・ラザフォード イースタン・シエラでの7日間」

ナノエア・スペシャルイベント「ブリッタニー・グリフィス&ケイト・ラザフォード イースタン・シエラでの7日間」

2014/09/17 2014年9月17日

ブリッタ ニー・グリフィス&ケイト・ラザフォードがパタゴニアの新製品ナノエア・フーディを着用し、イースタン・シエラの乾いた岩のピッチ、日没後の下山、長時間のボルダリングセッション、そしてその合間のあらゆるアクティビティで連日連夜、ノンストップで7日間過ごしました。そのときの様子を横山勝… さらに読む

懸垂下降で取り付きに戻ってきたばかりの僕とミックさん。小豆島にて。写真:桑原茂之

ミック・ファウラーさんと共に過ごした時間

By 花谷 泰広   |   2014/07/28 2014年7月28日

懸垂下降で取り付きに戻ってきたばかりの僕とミックさん。小豆島にて。写真:桑原茂之 ミック・ファウラーさんを知らないアルパインクライマーはいないだろう。しかし世間的に有名人という訳ではないので、今回の初来日では、その名前をはじめて聞いた人が多いかもしれない。それは素晴らしい登攀の数々をひ… さらに読む

読み込み中
エラー