クリーネストライン

クライミング

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
サンナビキ滝倉山_6座目。写真:谷口けい

パタゴニア・アンバサダーの試練と憧れの夏休み:日本海側末端尾根から剱岳リアル北方稜線50キロ17座の山旅(前編)

By 谷口けい&加藤直之   |   2015/09/14 2015年9月14日

サンナビキ滝倉山_6座目。写真:谷口けい 世間は盛夏、まさにお盆の真っ只中の8月10日、ぼくたちは富山県黒部の、 はるか南の剱岳へとつづく末端尾根がはじまる、嘉例沢森林公園へ向かった。そこから途方も無い稜線をすべて繋げて、我々のホームともいえる剱岳・本峰を踏んで、馬場島へ下山するという壮大!?… さらに読む

ゴシゴシ。岩のお掃除に勤しむ横山。背景はヌプツェ。写真:パタゴニア・クライミング・アンバサダー今井健司

無限に広がる可能性に思いを馳せて:エベレスト街道ボルダリング

By 横山 勝丘   |   2015/08/13 2015年8月13日

ゴシゴシ。岩のお掃除に勤しむ横山。背景はヌプツェ。写真:パタゴニア・クライミング・アンバサダー今井健司 4月下旬、ネパール中部で大地震が発生し、多くの命が失われた。そのちょうど一か月前の3月、ぼくはまさにネパールヒマラヤの心臓部にいた。地震のニュースを聞いてすぐに、そこで出会った現地の人… さらに読む

「イーグル・フェザー(5.10)」の3ピッチ目から油田のない景観を楽しむジョシュ。ユタ州バレー・オブ・ザ・ゴッズのイーグル・プルーム・タワー。Photo: Mickey Schaefer

過去を尊重する、そして神聖な場所を保護する規則

By ジョシュ・ユーイング   |   2015/08/06 2015年8月6日

「イーグル・フェザー(5.10)」の3ピッチ目から油田のない景観を楽しむジョシュ。ユタ州バレー・オブ・ザ・ゴッズのイーグル・プルーム・タワー。Photo: Mickey Schaefer 15年前、僕は登攀し、探索し、冒険する場として、米国土地管理局(BLM)と国有林の広大な地形に恵まれたユタ州の南東部に惹かれた。… さらに読む

エムリックと僕が宿にしていたグアルブーのロッジの部屋。地震の15分前にうたた寝から目を覚ましていたのは幸いだった。写真:コリン・ヘイリー

ランタン渓谷の地震

By コリン・ヘイリー   |   2015/07/16 2015年7月16日

エムリックと僕が宿にしていたグアルブーのロッジの部屋。地震の15分前にうたた寝から目を覚ましていたのは幸いだった。写真:コリン・ヘイリー 4月16日の正午頃、バンクーバーから飛行機に乗った。くたくたに疲れていた。パタゴニアでの4か月のクライミングシーズンを終えて北米に戻ると山のコンディション… さらに読む

スコットランドのベン・ネヴィスの「ジェミナイ」で出口を探るジョン・ブレイシー。Photo: Kristo Torgersen

ウィスキー・オン・ザ・ロック:スコットランドに答えを求めて

By クリスト・トーガーセン   |   2015/06/01 2015年6月1日

スコットランドのベン・ネヴィスの「ジェミナイ」で出口を探るジョン・ブレイシー。Photo: Kristo Torgersen 「それはスコットランドの最高峰ベン・ネヴィスに降る雨、あるいは雪としてはじまる。雨あるいは解ける雪は薄い泥炭土を花崗岩に到達するまで染み出し、先に進めずに、コイレ・レイスかコイレ・ナ… さらに読む

『YOSEMITE IN THE SIXTIES』 写真展&スライドトークショー by グレン・デニー

『YOSEMITE IN THE SIXTIES』 写真展&スライドトークショー by グレン・デニー

By パタゴニア    |   2015/05/25 2015年5月25日

1950年代の終わりから1960年代はじめのヨセミテ・バレーで活躍したビッグウォール・クライミングの先駆者たちの表情を捉えたパタゴニア・ブックス『YOSEMITE IN THE SIXTIES』。その著者である写真家グレン・デニーが来日。写真展およびスライドトークショーを開催します。 社会変革の気風のなか、仕事と社… さらに読む

ユタ州南東部のシーダー・メサはベアーズ・イヤーズ提案が通過すれば保護されるエリアのひとつ。Photo: Josh Ewing

ベアーズ・イヤーズを保護する:マトン・シチューとフライブレッド、そして公有地運動の骨格

By ウィリー・グレーアイズ   |   2015/05/21 2015年5月21日

ユタ州南東部のシーダー・メサはベアーズ・イヤーズ提案が通過すれば保護されるエリアのひとつ。Photo: Josh Ewing 僕の友人レオナルド・リーはユタ州サンフアン郡全体にまたがるナバホ・ネーション外の石油産業で働いている。石油/ガス井とそこで働く労働者を監督するのが彼の仕事だ。 だからレオナルドが… さらに読む

Photo: Ken Etzel

ルーシッド・ドリーミング

By パタゴニア    |   2015/05/11 2015年5月11日

Photo: Ken Etzel パタゴニア・クライミング・アンバサダーのアレックス・メゴスが、バターミルクのグランパ・ピーボディのボルダー「ルーシッド・ドリーミング(V15)」の第3登を成功させました。ドイツの天才児は2度の努力を経て成し遂げました。 「夢のみたいだけど、夢じゃない。ついに僕にとって最難… さらに読む

Photo: Tadej Krišelj

#VidaPatagonia:モホン・ロホ西壁の新ルート「ブロックバスター」

By ルカ・クラインツ   |   2015/04/30 2015年4月30日

Photo: Tadej Krišelj 大きな目標を持ってパタゴニアを訪れることは予測しなかったことを引き起こしかねない。 タデ・クリシェリと僕はセロ・トーレ東壁の三角雪田という、あまりよろしくない場所にいた。雪と雪煙、そして雪崩の最初の兆候に囲まれている。敗退は失敗よりも得るものが多く、数時間後、僕ら… さらに読む

カスケード山脈北部にあるスレス山北壁の「ハート・オブ・ダークネス(闇の奥)」。ブリティッシュ・コロンビア。Photo: Jim Nelson

クライミングが易しい近頃:コリン・ヘイリーとディラン・ジョンソンによるスレス山の「ハート・オブ・ダークネス」初登レポート

By ディラン・ジョンソン   |   2015/04/09 2015年4月9日

カスケード山脈北部にあるスレス山北壁の「ハート・オブ・ダークネス(闇の奥)」。ブリティッシュ・コロンビア。Photo: Jim Nelson 物事は変わった。1983年式のドッジ・プロスペクターのバン(サイエンスフィクションの飾りのついたダッシュボードとベルベットの内装)に乗って砂漠と山をさまよい、「シン… さらに読む

ベースとなった藤内小屋にて集合写真。 写真:ウィンタークライマーズミーティング提供

第6回ウインタークライマーズミーティング:三重県・御在所岳で開催 

By パタゴニア    |   2015/03/27 2015年3月27日

ベースとなった藤内小屋にて集合写真。 写真:ウィンタークライマーズミーティング提供 今シーズンで第6回目となったWinter Climber’s Meeting(WCM)。今年は公益社団法人日本山岳協会、株式会社ゴールドウィン、パタゴニア日本支社の協賛で、三重県・御在所岳で開催されました。以下、パタゴニアから参加… さらに読む

読み込み中
エラー