クリーネストライン

クライミング

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
第21回フエコ・ロック&ロデオからのレポート

第21回フエコ・ロック&ロデオからのレポート

By ブリッタニー・グリフィス   |   2014/04/24 2014年4月24日

「フエコ・タンクスは世界最高のボルダリング」だと、誰かが大胆にも百科事典もどきのクライミング情報サイトMountainProject.comに投稿した。「最高」 かなり強烈な言葉だ。私は世界中の有名なクライミング・エリアを多々訪れてきた。だからオンラインの大げさな推薦ひとつで私の懐疑心が変わるわけはない… さらに読む

スコットランドでの第1 日目:「サベージ・シルト」の上でニックと握手を交わすジョシュ・ワートン。「ザ・シークレット」が10 センチの霧氷に覆われていることを発見するのは、その後まもなく。スコットランド、ベン・ネヴィス Photo: Mikey Schaefer

ニックの正体とは

By ジョシュ・ワートン   |   2016/11/07 2016年11月7日

ラックからヘックスを取り出し、クラックの奥深くに押し込んだ。霧氷が厚く張り付いていて、クラックのエッジがわかりづらい。ヘックスが霧氷をグシャグシャと砕いて食い込む。念のためアイスアックスで叩きつけ、それから強くグイッと引っ張ると、ヘックスはあっさり抜けてしまった。 スコットランドの冬の… さらに読む

モンブラン・デュ・タキュール東面。 写真:谷口 けい

いまこの瞬間を最大限に抱くこと – シャモニで出会った登攀と人と偉大なる自然の芸術

By 谷口 けい(パタゴニア・クライミング・アンバサダー)   |   2014/04/14 2014年4月14日

モンブラン・デュ・タキュール東面。 写真:谷口 けい 疾風のごとく過ぎ去ったシャモニでの日々。持ち時間は5日、そのうち2日間はパタゴニア・プレス・イベント。残された3日間でどこまでこのすばらしい花崗岩と雪と氷のフィールドを遊びつくせるか。スロベニアのパタゴニア・アルパインクライミング・… さらに読む

グリーン・リバーの川辺でボートに荷積みする。写真:BAGのiPhone

3つの部屋:ブリッタニー・グリフィスのパッキング初級講座

By ブリッタニー・グリフィス   |   2013/01/21 2013年1月21日

グリーン・リバーの川辺でボートに荷積みする。写真:BAGのiPhone 奇妙に聞こえるかもしれないけれど、私はパッキングが大好き。必需品が限られるとき、たとえば50ポンドのバッグ2個とか――これはバンが運べるもの――40リットルのバックパック1つとか。あるいは機内持ち込みだけに制限されるときとか。「自… さらに読む

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・イン・ジャパン 2014開催決定

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・イン・ジャパン 2014開催決定

By パタゴニア    |   2014/07/14 2014年7月14日

世界最高のアウトドア映画祭であるバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル。毎年11月にカナダ・アルバータ州バンフで開催されるこの映画祭は、世界有数の山岳フェスティバルのひとつとして本年で39年目を迎えます。 登山家やアウトドア愛好者が、登山シーズンとスキーシーズンのあいだに楽しめる年中行… さらに読む

『YOSEMITE IN THE SIXTIES』 写真展&スライドトークショー by グレン・デニー

『YOSEMITE IN THE SIXTIES』 写真展&スライドトークショー by グレン・デニー

By パタゴニア    |   2015/05/25 2015年5月25日

1950年代の終わりから1960年代はじめのヨセミテ・バレーで活躍したビッグウォール・クライミングの先駆者たちの表情を捉えたパタゴニア・ブックス『YOSEMITE IN THE SIXTIES』。その著者である写真家グレン・デニーが来日。写真展およびスライドトークショーを開催します。 社会変革の気風のなか、仕事と社… さらに読む

 C2に到着し、ひと息つく阿蘇。写真:中島健郎

製品レビュー:チョー・オユーに挑む

2011/01/27 2011年1月27日

C2に到着し、ひと息つく阿蘇。写真:中島健郎 仙台ストアの阿蘇吉洋が登山家・竹内洋岳氏、カメラマン・中島健郎氏とともにヒマラヤのチョー・オユー(8,201メートル)に挑戦。雪崩の危険から7,700メートル地点で登頂は断念(阿蘇は7,125メートルのC2で待機)となりましたが、阿蘇がサミットプッシュに想定… さらに読む

写真: 雨宮 千佳

パタゴニア・アンバサダー横山 勝丘、マウント・ローガン南東壁を初登

2010/11/18 2010年11月18日

写真: 雨宮 千佳 この秋新たなパタゴニアのアルパインクライミング・アンバサダーとなった横山勝丘が、2010年5月、カナダ最高峰のマウント・ローガン南東壁を初登しました。この見事な登攀記録により、彼とパートナーの岡田康氏は第5回ピオレドール・アジア賞を受賞。登頂までの数時間を描いた横山勝丘に… さらに読む

パタゴニア2015年シーズン。Photo: Mikey Schaefer

The Vida Patagonia : パタゴニア・ライフ

By ロランド「ロロ」ガリボッティ   |   2016/02/25 2016年2月25日

ロロと、そして興奮気味のパタゴニアのアンバサダーと数人の仲間たちが、パタゴニアの登攀シーズンからの写真とストーリーをシェアしてくれます。こちらの遠征ページでご覧ください。この地域での登攀遠征を計画中でしたら、皆様の写真に#VidaPatagoniaのタグを付けていただくと、本ページに掲載されます。… さらに読む

ゴーストタウン。ジャンボ・グレイシャーに空っぽで立ちすくむマウンテンリゾート自治体には住民も建物もないが、町長と町議会だけは存在する。Photo: Garrett Grove

ジャンボ・ワイルド:「我ら人民」

By エリエル・ヒンダート   |   2015/10/15 2015年10月15日

注意して見ていなければ見過ごしてしまうものがある。 朝日のなかでコロンビア・リバー流域からパーセル山脈を見渡していると、ラジウム・ホットスプリングスにある地方自治体事務所を通り過ぎてしまう。それは人間の存在がたんなる星印のように思えるこの限りない自然の世界ではむずかしいことではない。… さらに読む

「トミー」のメイキングからキャプチャーした静止画。

「トミー」のメイキング

By ケリー・コーデス   |   2013/04/01 2013年4月1日

「トミー」のメイキングからキャプチャーした静止画。 偉大な人物はどうやって偉大になったのか考えたことがあるかい?もちろん、簡単で決定的な答えはないし、その公式もない。彼らは人間であり、人間的な要素が無限に絡み合うからだ。つまり機会、持って生まれた才能、先天的な/身につけた意欲、精神力、… さらに読む

読み込み中
エラー