クリーネストライン

アクティビズム

読み込み中
エラー
Photo: Garrett Grove

100% Today, 1% Every Day

2016/11/22 2016年11月22日

アメリカでは消費者が1年のうちで最も買い物をする日のひとつ「ブラックフライデー」がまもなくやってきます。人々が家族や友人に気前よく贈り物を選ぶ一方で、私たちはプレゼントひとつもらえない地球へもお客様が愛情を示すお手伝いをしたいと考えています。 パタゴニアは今年、世界中の直営店およびオン… さらに読む

「環境に投票を」2014:経済の成長と地球の限界

「環境に投票を」2014:経済の成長と地球の限界

By 枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長)   |   2014/12/08 2014年12月8日

by 枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長) 衆院選に向けての政策論争が展開されています。争点の柱は「経済成長戦略」です。「アベノミクスでデフレから脱却して経済成長できるのか否か」「経済成長のためには、もっと規制緩和を進めることが必要だ」「法人実効税率をどのくらい引き下げれば経済成長できるの… さらに読む

連邦政府が
3億2,500万ドルの復元プロジェクトの一部としてワシントン州のエルワ・リバーのエルワ・ダムとグラインズ・キャニオン・ダムを撤去したのち、グラインズ跡地の上流では、約1世紀ぶりにはじめてサーモンとスチールヘッドの産卵が確認されたが、同川岸にはさらに1,600万ドルをかけた孵化場も建設された。写真:ベン・ムーン

アーティフィッシャル

By ディラン・トミネ   |   2019/08/08 2019年8月8日

絶滅への道は、善意で敷き詰められている。 キッチンテーブルの上には請求書とピザの空箱が、ほぼ同じ速さで積み重なっていった。羽や獣毛、その他のフライ製作用の材料がアパート中に舞い、あらゆる平面を覆っていた。ウェーダーから滴り落ちる水で、濡れてシミだらけになったカーペットの上を歩くには室内… さらに読む

カリフォルニア州ロサンゼルス、ウィルミントン地区の公園の背後にある石油精製所。NAACP(全米黒人地位向上協会/全国有色人種向上協会)の調査によると、全米の91郡の670万人以上のアフリカ系アメリカ人と低所得者が居住する地域の近くでは、石油精製所が建設中であるか、すでに存在している。Photo:Michael Estrada

不正義について

By ナオミ・ホラード   |   2020/05/21 2020年5月21日

ムスタファ・サンティアゴ・アリが、社会階級や民族を超えた運動の力と環境正義の必要性について、「サンライズ・ムーブメント」のナオミ・ホラードと対談。 9月、数百万人の若者による史上最大の気候ストライキで、世界中のニュースを揺るがしました。ケンタッキー州の丘や渓谷から、ラストベルトの街やサ… さらに読む

解決策シリーズ・パート4:ビジネスにおける解決策

解決策シリーズ・パート4:ビジネスにおける解決策

By アニー・レオナード   |   2014/05/19 2014年5月19日

「死んだ地球でビジネスはできない」 —デービッド・ブラウワー 以前アクティビストの同僚は、誰もが納得できる環境の解決策について企業が話すたびに、こう皮肉っていました。「彼らが言う「解決策」とは、それが理由で死ぬ人のうち、政治的に受け入れ可能な数だ」と。 それはまさに1980年代の発言。たしか… さらに読む

2011年度のパタゴニアの草の根活動家のための「ツール会議」で講演するアニー・レオナード(左)。Photo: Tim Davis/2009年度の国連の「気候変動に関する国際連合枠組条約」で講演するリック・リッジウェイ(右)。Photo: Kodiak Greenwood

ブラックフライデーの満腹ショッピング

By アニー・レオナード、リック・リッジウェイ共著   |   2011/12/08 2011年12月8日

アニー・レオナード、リック・リッジウェイ共著 以下の論説は2011年11月25日金曜日に発行されたロサンジェルス・タイムス紙からの転載です。アニー・レオナードは『The Story of Stuff』プロジェクトの創始者で、リック・リッジウェイはパタゴニアの環境イニシアティブの副社長です。 2011年度のパタゴニア… さらに読む

チュキカタマまたは「チュキ」は、チリ北部にある世界最大の露天掘りの銅山。Photo: James Q Martin

リオ・リブレ:環境特報-エピソード3「代替エネルギー」

By アマンダ・マックスウェル、NRDC中南米提唱者   |   2013/08/15 2013年8月15日

「チリ北部は世界最大の太陽光発電の可能性を秘めた場所だ。世界最大だぞ!なぜ南部にダムを建てたがるんだ?気違い沙汰だ。まったくの気違い沙汰だよ」 2011年5月にアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港からサンチアゴのホテルに向かうタクシーの中で運転手が言ったこの言葉は、それから私の頭をずっと… さらに読む

 昨年10月に野外イベント『WTK – WITNESS TO KOHBARU IN AUTUMN 失われるかもしれない美しい場所で』が石木ダムの水没予定地で開催された。 Photo: SUNCloud.

ひだまり ~石木川がつなぐ未来への旅路~

By 東田トモヒロ(ミュージシャン)   |   2017/07/10 2017年7月10日

去年4月に起きた熊本地震は僕にとってこれまでで最も身近で、最も大きな災害だった。多くの家屋や建造物が倒壊し、地割れや土砂崩れなどもあちこちで発生していたので、震災当初は何もかも失われてしまったかのような悲しい気持ちで過ごしていたように記憶している。石木ダムのことに出会ったのはまさにその… さらに読む

私たちがNo Nukes Go Renewableと言う理由:豊かで創造的な地域生活を生む

私たちがNo Nukes Go Renewableと言う理由:豊かで創造的な地域生活を生む

By 飯田 哲也   |   2014/04/01 2014年4月1日

いま「ご当地電力」が熱い 福島の会津電力、小田原のほうとくエネルギーをはじめ、北海道から沖縄まで、地名を冠したご当地電力が、とりわけ311後に続々と立ち上がっている。まず「ご当地電力」とは何か、ここで定義しておくと、国際的にほぼ共通な「コミュニティパワー」と同じ定義をベースに、私が拡張し… さらに読む

小学校から草地を隔てただけの場所にある、エリー町内のフラッキング式の天然ガス採掘地。Photo: Topher Donahue

裏庭のフラッキング

By パタゴニア    |   2013/09/09 2013年9月9日

小学校から草地を隔てただけの場所にある、エリー町内のフラッキング式の天然ガス採掘地。Photo: Topher Donahue パタゴニアの環境キャンペーン「アワ・コモン・ウォーターズ」を通じて、また私たちの住む町や身近な地域が、年々拡大する石油や天然ガス開発の危機にさらされている状況を受けて、一般に「フ… さらに読む

コットン繊維を酵素で糖化する前と後。写真:パタゴニア日本支社

着古されたパタゴニアのコットン製品は何に生まれ変わるのか

By パタゴニア    |   2012/01/26 2012年1月26日

コットン繊維を酵素で糖化する前と後。写真:パタゴニア日本支社 今治駅に降り立つとロータリーの向こうに「ようこそ タオルと造船の町 今治へ」という標識が目に入ります。今日はその「タオル産業、造船の技術、そして最新の化学の3つが融合」したともいえるコモンスレッズ・イニシアティブの新しいパート… さらに読む

読み込み中
エラー