クリーネストライン


カリフォルニア州のモハビ・トレイルズ国定公園の一部であるアンボイ・クレーター。Photo: Bob Wick, BLM
カリフォルニア州のモハビ・トレイルズ国定公園の一部であるアンボイ・クレーター。Photo: Bob Wick, BLM

新しい国定公園:訪問者にインスピレーションを与え、地元地域を支える

By ローズ・マーカリオ   |   2016/04/15 2016年4月15日

私がロサンジェルスに引っ越してきた最初のとき、友達がジョシュア・ツリー国立公園にキャンプに連れて行ってくれました。それまで砂漠の景観で過ごしたことがなかった私はそれについては予想もできず、退屈するだろうと思っていました。でもその最初の旅は霊的な経験だったとしか言いようがありません。私はそれまで世界中の最も美しい場所で何年も瞑想してきましたが、原始の岩、ジョシュア・ツリー、豊富な野生動物と簡素で基本的な景観に囲まれた砂漠の奥深くに入ることは比類の無いことでした。そのとき、ジョシュア・ツリーが国立公園であることをどれだけうれしく思ったことでしょう。そして周囲の景観がこれからやって来るすべての世代のために保護/保全されるに値するものであることを願いました。

そして、オバマ大統領がモハビ・トレイルズサンド・トゥ・スノーキャッスル・マウンテンズとして知られる180万エーカーを公式に新しいカリフォルニア砂漠国立公園として認定しました。これらの土地はアメリカにおいて真に顕著な場所のひとつとして確立され、いま本当に価値ある景観として認められたことを意味します。それはレクリエーションや憩いの場としてこれらの土地を求める私たち、これらの国立的な景観へのゲートウェイ地域として成長する砂漠の町、砂漠に住み、砂漠を移動する野生動物など全員にとっての朗報です。

この歴史的達成を可能にしたのは1906年の古文化財保護法令です。それはニューメキシコ州とコロラド州の先住民の文化サイトの破壊に対応するため、連邦会議によって可決され、テディ・ルーズベルト大統領によって法律化されました。

100年以上を経たいま、カリフォルニア砂漠地域への脅威が強調するのは、この法律の継続する妥当性、そしてユニークかつ顕著な野生の場所を保護するためにこの法律が果たす重要な役割です。カリフォルニアのモハビ砂漠は文化と歴史と自然の驚異豊かな壮大な場所です。しかしロサンジェルスとラスベガスという2つの活気ある広大な大都市圏のあいだに位置します。もし市民、ビジネス、地元地域と選挙で選ばれたリーダーたちがその存続を保証するための手段を講じなかったら、人口増加と自然資源開発の圧力により、砂漠は崩壊に追いやられたことでしょう。

パタゴニアで働く私たちにとって、アウトドアでの経験は生活の糧であり、生き甲斐でもあります。これらの新しい国定公園のような公有地が広く存在することは、私たちのお客様にとっては遊び場を意味し、それはビジネスにとっても利点です。しかし私たちはまた同僚たちが仕事場の外でも健康に暮らし、活動的な人生を送ることを願っています。国定公園、原生地域、公園、保護地区のような公有地におけるレクリエーション機会は無類のものです。モハビ砂漠を国定公園に指定することは、私たちの子供や孫が楽しみ、探索する場所をもつことを意味します。いま私たちがそうしているように。

パタゴニアそしてアウトドア産業界で働く私たちは、モハビ・トレイルズ、サンド・トゥ・スノー、キャッスル・マウンテンズを保護する長年の努力を支持してきたことを誇りにしています。この素晴らしい州の自然の要素を保護することは、地元の人びとが楽しめるより多くの場所を提供するばかりでなく、世界中からの人びとの訪問を鼓舞します。西部にわたる多くの研究では、保護地区に近接することは新しい住民とビジネスを惹き付けることを示しています。それは砂漠のコミュニティにおけるビジネス、職、収入という恩恵を意味します。また重要な生態系を保護することは気候変動のまっただ中にあるいま、さらに必要不可欠です。

この壮大な背景がいま保護されたという事実は私にとってかけがえのないことです。砂漠の景観は私にとって長年の試金石であり、深い知恵を探す場所、自然とそれが人間の魂を豊かにすることへの尊敬の念を抱く場所でありつづけています。この景観を探索するいまでは、何十年にも渡る旅を通してオオツノヒツジの希少な姿、ペトログリフ、タランチェラ、ジャック・ウサギ、カメ、雨のあとのクレオソートの香り、コヨーテの群れの遠吠えなど、すべての意味合いを称賛するようになりました。私はこの場所を愛するようになり、それは私の一部となっています。

だからこの行動を喚起した何千もの声と、そしてそれに耳を貸し、先導してくれた、今史上どの大統領よりも土地と水を保護したオバマ大統領に感謝します。

コメント 0

関連した投稿

« »