クリーネストライン


ニューメキシコ州のファンキー・ビュート・ランチで、10年前には懲役10年から終身刑だったかもしれない作物を育てる行為で、家族と地元地域、そして種に仕えるダグ・ファイン。photo:Doug Fine提供
ニューメキシコ州のファンキー・ビュート・ランチで、10年前には懲役10年から終身刑だったかもしれない作物を育てる行為で、家族と地元地域、そして種に仕えるダグ・ファイン。photo:Doug Fine提供

それで、再生型のヘンプ農家になりたいのですか?

By ダグ・ファイン   |   2020/07/15 2020年7月15日

今度こそ農家主導

ヘンプ畑にいるときはテルペンがすべてを支配する。ヘンプの花に住む松やマンゴーの匂いのする小さな芳香族炭化水素が体内に入り込み、「エンドカンナビノイドのシステムを稼働する準備をしろ」と伝える。これは明らかに朗報だ。ヘンプを栽培すると幸せ度が増す。より困難なニュースはヘンプ栽培がそれらのテルペンの助けをフルに必要とすることだ。その理由のひとつは、ヘンプ農業が難しいことにある。何かを上手くやろうと決意するとき、たいていのものが難しいのと同じように。

目を覚ましてテルペンの匂いを嗅ぐ。その多用途性に加えて、太陽に向かって伸びる美しいヘンプ作物。ニューメキシコ州ファンキー・ビュート・ランチにて。photo:Doug Fine提供
目を覚ましてテルペンの匂いを嗅ぐ。その多用途性に加えて、太陽に向かって伸びる美しいヘンプ作物。ニューメキシコ州ファンキー・ビュート・ランチにて。photo:Doug Fine提供

多くの農家にとって目新しいことは、ヘンプのシーズンは収穫とともに終わるのではない、ということだ。安堵に満ちた(しばしば薄給で筋肉痛をもつ)農家は、秋にはホッと一息ついて装具を修理していたが、いまでは彼女は大学教授であり、マーケターや広報担当主任といった役割すべてを果たさねばならない。なぜなら農家を基盤としたこのルネッサンスは、実際に農家によって運営されることになるからだ。つまり新たに合法になった世界中のカンナビス/ヘンプの何百万人ものお客様は、地元地域で少規模生産された最上級のものを求めるからだ。これは77年間のヘンプ禁止法の利点である。すなわち、僕らはこの産業を自分の好きな方法ではじめられるのだ。

僕らが何を提供しているのかを世界に知らせるために、農家である僕らは再生型農法の実践を通じて人類を救うのがみずからのブランドだ、と知らせることすらできる。僕がここで話しているのは独立かつ地方事業であり、その土壌を構築する技術は生物学的に利用可能な(体内に吸収される)製品を生産するのみならず、気候変動の緩和を助長する炭素の隔離も行なう。

だから、ヘンプ事業に参入したいのなら、あなたは身を粉にして働くことになるだろう。しかしこれらの芳香と(ヘンプの花を愛する)蜂と、そして夏中ずっと野外で過ごすということは、寝室の外で得られる最上の楽しみとなる。

再生型起業家の復興

最高品質のヘンプをどうやって育てるか? 再生型農家/起業家になることだ。再生型は新しいオーガニックで、僕にとってはズバリこういうことだ:もしあなたのやっていることが未来の何世代もにわたって人類の福祉のためになるなら、それは再生型だ。あらゆるヘンプ工程に乗り出す際に僕が最初にする質問は、「いつも上手くいったのは何か?」だ。同じ質問を別の方法でするなら「シャーマンは何をするだろう?」だろう。これはすべての起業家にとって、着手する前に、そしておそらく毎朝の食卓で、すべき質問だと思う。

再生型ヘンプの起業家はいる。彼らは僕の新書『American Hemp Farmer(アメリカのヘンプ農家)』の主人公たちだ。僕自身のヘンプ事業においては、再生型の手法とは、僕がやることすべての影響を認識しようと試みること、僕がふたたび生産できるように土壌構築から栽培、包装から配送まで、生産しながら再生することを意味する。それは化石燃料を減らした農業、無害の接着剤を使ったコンポスト可能な包装、そしてビジネスの途上で出会うすべての人間との敬意ある交流などを含む。助言:この最後がいちばん難しい。これがある意味、僕が町から40マイル離れた場所でほとんどの時間をヤギたちと過ごす理由だ。

土壌の準備

まず地面からはじめよう。植える前に、最低3か月は土壌の準備という意識的な行動に関わることを勧める。ハワイ在住の農家仲間、カハヌ・アイナ・グリーンズのヴィンセント・ミナの言葉だが、「土壌がすべて」なのだ。それが僕らの商売なのだ。ほとんどの人はヴィンセントがオーガニックのマイクログリーンを育てていると思っている。彼のメッセージは、「僕らは自分自身をアスパラガス、タマネギ、あるいはヘンプ農家と呼ぶかもしれないが、実際には、僕らは全員、土壌農家だ」

この写真では見えないが、何か月もかけた土壌構築がこの発芽を可能にした。ニューメキシコ州ファンキー・ビュート・ランチ。photo:Doug Fine提供
この写真では見えないが、何か月もかけた土壌構築がこの発芽を可能にした。ニューメキシコ州ファンキー・ビュート・ランチ。photo:Doug Fine提供

植え付けの前にあなたの農場の表面下で起きていることが、地面から出てくるものを決める。それだけのことだ。もし惑星の多くの農地と同じように、あなたの土壌が現在最高の状態でなければ、地面下で行う仕事はことに必須だ。僕はヘンプの根にとって良い環境を提供する菌糸(菌類)やその他の微生物を、買うのではなく、構築することによって、土壌に最高の結果をもたらしてきた。

土壌あるいは植物に何かを適用することに関しては、僕は最初の作物からオーガニックによるヘンプ栽培をお勧めする。USDA(米国農務省)認証を目標とするかどうかにかかわらず。オーガニック製品はすべての動物、極小(土壌内)と巨視的(食品コープのお客さま)の生物にとってより良いものだからだ。

僕は2週間前に窒素を修正するクローバーとベッチを植えて、越冬の土壌準備をはじめた。それは、表面上はヘンプとは関係ないが、この秋に家族と楽しむヘンプのタネで作るシェイクのために有益だ。オーガニックのヤギの糞とアルファルファの混合も土壌に投入した。30メートル隣にある畜舎でできたもので、そこは僕らの農家の用品店のようなものだ。

神聖な太陽の下で成長

僕は人にとやかく指示するのが嫌いだが(僕の自宅教育の息子はときどきこの性格を利用する)、とにかく野外で育ててほしい。本物の土壌でだ。僕らは卓越した作物を過度に消毒された「成長室」ではなく、野外で育てることによって炭素を隔離する。本物の土壌と日光を利用した温室が果たす役割もあるが、理想的にそれは再生型事業の端役であるべきだ。

多くの草に囲まれてケニーGを彷彿するダグ。ニューメキシコ州ファンキー・ビュート・ランチにて。photo:Doug Fine提供
多くの草に囲まれてケニーGを彷彿するダグ。ニューメキシコ州ファンキー・ビュート・ランチにて。photo:Doug Fine提供

植え付けと発芽

1日24時間というのは、夏の農家にとっては2時間ほど足りないが、深呼吸をし、一瞬リラックスできる最初の瞬間は植え付けが終わったときだ。ほとんどの人は発芽という魔法の瞬間にタネと土壌がうまく接触するように、ヘンプを半インチの深さの湿った土壌に蒔く。そのあとは水のやりすぎに注意すること。植え付けというのは、まだ体がなまり、シーズン中盤の良い状態にはなっていない春季キャンプのようなものだ。だが人間と一緒に8,000年ものあいだ共同進化してきた強靭な作物であるヘンプは、しばし思ったよりも早く発芽する。最初の緑のフック、そしてそのあとにつづく手の形をした紛れもないカンナビスの葉は、家族とパートナーを原始の舞いに招くだろう。これらは決して忘れられない瞬間だ。あなたは人類救出の出産に立ち会う助産婦だ。

おめでとう、あなたはヘンプ農家になった。あなたは家族、地元地域、そして種に仕えている。10年前には懲役10年から終身刑だったかもしれない行為で。いまその行為は命を延長し、願わくば、収穫物を楽しんでくれるお客様を手助けする。

農場に居ること

だから踊りまくっていい。だがそのあとは、成功は野外で過ごす時間にかかっていることをお忘れなく。理想的には、毎日、あなたが最初の農家のひとりならばとくに。最低でも毎週。事業におけるあなたの肩書きが何であれ、自分は農家だと考えること。このビジネスにおけるどんな役割の人も、ロゴのデザイナーでも、配達人でも、トレードショーのブースの設営スタッフでも、農場から長く離れるべきではない。そしてあなたが会社の社長なら絶対にだめだ。あなたは植物のために働いている。近くにいて、温かく見守ることだ。

再生式ヘンプ農法の最終目標は故郷である地球を救うこと。ニューメキシコ州ファンキー・ビュート・ランチにて。photo:Doug Fine提供
再生式ヘンプ農法の最終目標は故郷である地球を救うこと。ニューメキシコ州ファンキー・ビュート・ランチにて。photo:Doug Fine提供

あなたはこれをやりたがらなければならない。植物と寄り添う多くの時間がヘンプ・ビジネスの基本的要素に聞こえなかったり、蚊が直撃するなかを泥まみれで1日を過ごすことが楽しいという考えを抱けないなら、独立ヘンプ農業はあなたの職業ではないかもしれない。汚れたツメを育もう。

収穫物の乾燥

秋の長い影が湿った作物の収穫熟度をチェックさせるようになったら、ヘンプ農業の初心者にとって(とくに僕のように雌雄異体の作物を育てる人にとって)しばしば驚かされる実践的な要素のひとつは、作物を乾燥させることの緊急性だ。一刻も早く。収穫において最も一刻を争うのは収穫自体ではない。それは収穫後の2時間だ。
これは必ず知っておくべき知恵だ。ヘンプのタネを収穫した瞬間、水分を8%まで落とす秒読みがはじまる。タネが畑を去って袋やサイロに入れられた瞬間、コンポストしはじめるからだ。収穫の45分後にヘンプの束に腕を入れてみるといい。ほとんど我慢できないほど熱いはずだ。あなたの収穫は煮えている。さあ全速力だ。乾かして清浄しければならない。そうしなければ、その日が終わる前にカビが生えてダメになる。これにはサイロ(湿度テスト器は絶対忘れないように)での強制換気乾燥を必要とすることが多い。ここでの結論は、農家のシーズン中盤の大事な仕事のひとつは、収穫期の前に乾燥と清浄の工程をくまなく知っておくということ。

シャーマニズム的工程
さあ、製品を作るときが来た。それはシーズンの楽しい時期でもあるが、集中するのを忘れないように。これには製品を作るためにヘンプの一部を抽出することもあるだろう。高品質の生花やスーパーフードとしてタネをそのまま提供するのも素晴らしいが。僕がヘンプを栽培しているのは、タネ、花、繊維、そして土壌構築のためだ。

CBDやCBG、そして花から抽出するその他の用途ももちろん悪くはない。結局、哺乳類はすべてエンドカンナビノイド・システムをもっているのだから。しかし僕が心に留めておきたいのは、ヘンプのタネに内在するオメガ脂肪酸のバランスの取れたミネラル豊富なごちそうで、ほぼ80億の人びとを食べさせることだ。規模を拡大した農法は、食品に加えて、最高品質の衣料からパルプフリーの紙、ラップトップからロケット部品まで、ヘンプ繊維製品の復活を可能にする。石油化学系プラスチック製品のすべてが堆肥可能な生体材料で作れるようになるのだ。さらば、太平洋ゴミベルトよ。

あなたが花を利用した製品のためにヘンプを育てているとしよう(理想的にはカンナビノイドの流行を加速させる代わりに、植物全体の「アントラージュ効果」を提供すべきだが)。僕は昔ながらの方法を用いて健康に良い、あるいは美味しい部分を抽出したい。つまり脂質に浸けて熱を加える。これは脱炭酸と呼ばれる工程に行き着く。いずれはドラッグストアのチェーン店で見られるようになる大量生産のヘンプやCBDに使われる加工よりも時間を要するが、僕はそれがはるかに優れた方法だと信じている。冷凍濃縮よりも、新鮮なしぼりたてのオレンジジュースの方が美味しいように。それは植物全体を利用した製品となる。抽出方法は他にもあり、大量生産を求める人には不向きだ。あなたの設備が太陽光発電を利用しているなら、低温エタノール抽出はおそらく再生型になれるだろう。

ニューメキシコ州で小規模加工の作業中に鍋を混ぜるダグのオーガニック栽培の仲間、コリン・ノール。photo:Doug Fine提供
ニューメキシコ州で小規模加工の作業中に鍋を混ぜるダグのオーガニック栽培の仲間、コリン・ノール。photo:Doug Fine提供

僕は友達と一緒に少量ずつで自分の製品を加工することを好む。僕らは収穫後、山の商業キッチンにこもって、巨大な釜(パスタ用)を使って自分のオーガニック製品ラインをボトルに詰める、テルペンにあふれた数日を過ごす。たとえそれが楽しそうだと思っても、実際にそうだが、あなたはいまではプロだということを忘れないように。商業製品の成功事例にしたがい、すべてを記録する。そして、どれだけ多くの人があなたの製品を愛していると言ってくれても、何かを主張するのは避けるべきだ。

付加価値のあるクラフト・ヘンプ

スーパーでは、すべてのナビスコシンズは他のナビスコシンズと同じように見せたいかもしれない。しかし来たるクラフト・ヘンプのビンテージ市場では、僕らは毎年地域ごとに異なる品種のものを探すようになるだろう。バーモント州のビンテージはニューメキシコ州やガーナのヘンプ製品とは違う味がする。この「テロワール」概念は最高級ヘンプのクラフト事業戦略にとって不可欠だ。これらの製品は結婚式の披露宴で出すもの、あるいは家族に最高の最高を食べさせたいときのものとなる。この隙間市場により、世界中の地方の地域社会が再興するかもしれない。なぜなら土地面積当たりの価値がとても高くなるからだ。ことに農家が最終小売価格から恩恵を得るときは。

これが多くの独立農家にとって意味するのは、付加価値のある地元品種の製品をマーケティングすることは賢い長期的手段だということ。愛する作物の面倒を1日しか見ないのに価格の決定権を握る人に、ただ卸売するよりも。起業家的戦略はリスクがより高く、仕事量もはるかに多いが、それはまたあなたにとって、そしてビジネスと土壌にとって、より利益の上がる、持続可能なものでもある。

小規模にはじめる

州のヘンプ申請ガイドライン(言うまでもなく、ヘンプはトマトと同じように栽培許可書を必要とすべきではないが)を一瞥して浮足立つ人に僕が勧めるのは、小規模にはじめるということだ。もし叔父の農地が住宅地になってしまうのを救いたいのなら、まずは1〜3エーカーから着手する。そして(ほとんど誰も耳を貸してはくれないが)5年計画を立てること。歩測された事業としてのマーケティング戦略と計画ですら、再生型になり得るのだ。自分自身にこう問うこと:どの規模が十分なのか? あなた自身の地方経済の構築をつづけるためには、どれだけ広範囲で売る必要があるのか?

再生型ブランド

人類の存続が目標だとしたら、完全な再生型操業をすることへの基本理念は、着手時点からはじまらねばならない。事業の全段階において有言実行すること。あなたの会社の利益分配、配達用の電気自動車、または石油ゼロによる収穫を自慢しよう。それこそが再生型手工業の隙間市場が市場を勝ち取る方法なのだから。

バーモント州でベタベタするのはメイプルシロップだけじゃない。ダグはスターリング大学でヘンプのコースを教える「緑の山の州」でみずから育てた最高級のヘンプ製品も売り出している。photo:Doug Fine提供
バーモント州でベタベタするのはメイプルシロップだけじゃない。ダグはスターリング大学でヘンプのコースを教える「緑の山の州」でみずから育てた最高級のヘンプ製品も売り出している。photo:Doug Fine提供

市場における優位性なくして、たんに人類を救うことを納得させるのは難しい。家族経営の農家の多くは経済的ストレスを経験している。必須の点は再生型の価値観はビジネスになれるということだ。誰だって生計を立てたい。地方で栽培されて売られる農家直送のヘンプ製品は、ヘンプの隙間市場では最も儲けが高く、すでにこの産業は年次10億ドルの売り上げを超えている。

事実そこが難事なのだ。10億ドルのヘンプ産業は、僕らが地元の農家を知り、彼らから購入することを選択するときにだけ意味がある。ヘンプ作物と植物、そして僕らを支えてくれる微生物のために土壌で働く何千もの農家がいる。僕らは実際、ヘンプにおいてはトップのブランドだ。地元のファーマーズマーケットや食品コープに行けば地産のものを売っている。だから身元不明の企業ではなく、ぜひ農家が経営する機関から買ってほしい。

集団としての僕らは、混雑したビーチの空上で「みなさん、ヘンプ/カンナバスは現在営業中です!情報を集めてください!農家と知り合ってください!」と書いたバナーを飛ばす飛行機のようなものだ。グローバル化された食品システムにおいて、生きた製品のための場所を確保するのに励むことが賞賛に値する使命だということを認識したとして、それは成功するだろうか。実際には、土壌を基盤とする起業家の僕たちは、デジタル時代の分散的ながら集積的に巨大な規模の経済において、僕らの価値観を位置付けできるかどうかを知るには、時期尚早である。目標は一般の購買者に僕らの製品を求めてもらうことだ。ちょうど今日のすべての顧客が、飲み物はレギュラーかダイエットかを選べることを知っているように。僕らの最終的にたどり着くのは、すべての購買の決定が「再生型」か「再生型ではない」かという、気候のための購買となることだ。

新たに出現したバイオマテリアル経済は、世界中の産業パイプラインを再生型方式に変える潜在性を秘める。外側のプラスチックのケースと内側のバッテリー部品が好みの作物から作られた、堆肥可能な携帯電話を想像してみてほしい。そしてその最新版は太陽が充電したヘンプのバッテリー電動車によって配達される。

スーパーフード安保

僕にとって、ヘンプは何よりも自宅での満足感、つまり僕の人間の子供とヤギの子供の健康維持のためのものだ。すべてのヘンプ企業が、その背景の物語をブランドとして広めるのは賢いことだ。僕自身のそれは、「気候変動時代の食糧安保」かもしれない。

ニューメキシコ州の片隅にあるファンキー・ビュート・ランチのヘンプ畑でこの上ない幸せを感じることは、1日の最もお気に入りの瞬間のひとつだ。地面にタネを蒔きながらはじめてそれを体験した時、僕の家族全員はクスクス笑い、お腹をすかせたウサギとせん妄状態の蜂とともに、感謝の言葉を口にした。7か月後に収穫したとき、僕らはくつろいだ類人猿の一団だった。僕らはこのスーパーフードを大量に収穫した。そうして僕らはもう一年存続しつづけられることを知った。

コメント 0

関連した投稿

« »